サンデー毎日 広告特集

  • サンデー毎日 「防災の日」特集 「災害に備えるための衣食住」

    関東大震災や阪神淡路大震災、東日本大震災の例を出すまでもなく、日本は地震大国であることが広く知られています。さらに、広島市の土砂災害や糸魚川市の大規模火災など、地震以外の予期せぬ自然災害もあり、常に「災害への備え」が必要という認識が浸透しました。「防災の日」を迎えるたびに、「備え」の必要性を再認識し、それを行動に移すことが必要となります。
    「サンデー毎日」では、「災害に備えるための衣食住」企画を立案いたします。この企画で、読者の防災意識を高めると同時に、具体的な災害への備えとして貴社のサービス・商品を訴求いたします。ぜひこの機会に、貴社の広報宣伝活動として本企画をご活用ください。

  • サンデー毎日・受験シーズン集中特集

    サンデー毎日で年間を通じて実施している教育関連特集は、受験シーズンにはそのボリュームを大幅にアップ。私立中高・大学の出願状況から合格者の出身校別ランキングまで、地道な独自取材により圧倒的な情報量で入試関連情報をお伝えします。特にこの時期の特集は受験生およびそのご家族の注目度が非常に高まり、部数も大幅に増加します。

    サンデー毎日では、2018年もこの「受験シーズン集中特集」を年明けから毎号実施して参ります

  • 春の新生活応援企画「住宅&リフォーム特集」 2018年3月上旬発売号

    春は新生活の始まる季節。子どもの就職や結婚、また自身の定年退職など、家族構成やライフスタイルの変化は、新しい住まいのカタチを考える絶好の機会となります。また、来年6月末まで、期間は半年あまりですが、「住宅ストック循環支援事業」がスタートします。ちょうどこれから住宅の購入やリフォームを検討している方には、背中を押してくれるきっかけともなります。

    そこで、「サンデー毎日」では、春の新生活応援企画として「住宅&リフォーム特集」を展開します。ぜひPRにご活用ください。

  • シニアの住まい企画 2018年3月6日発売号

    高齢化社会の進展に伴い、シニア世代の住宅需要はますます増えてきています。その形態も多様化し、個々人が、家族のライフスタイルに合わせた住まいのカタチを考える必要が出てきました。親子一緒に暮らすのか、介護施設や高齢者向け住宅でサービスを利用しながら別居して暮らすのか。住まい選びには、家族の「今」だけでなく、「未来」も想定した選択が重要となってきます。

    「サンデー毎日」では、「家族の『いま』と『未来』を考える」と題して、「高齢者住宅特集」を展開します。50代から70代の男女を中心に、2世代以上の世帯の読者を抱える媒体として、弊誌も、読者に有益な情報を届けたいと考えております。ぜひこの機会に、貴社の広告宣伝活動にご活用ください。

  • 「今から始めるNISA」~暮らしのマネー企画~ 2018年3月19日発売号

    本企画では、金融庁が発表した2019年に新しくスタートする「つみたてNISA」を取り上げます。「サンデー毎日」では、「今から始めるつみたてNISA」~暮らしのマネー企画~を展開します。
    読者の50代から70代男女を中心に、退職金の運用や年金の問題にこれから直面する読者を抱える媒体として、読者に有益な情報を届けます。ぜひこの機会に、貴社の広告宣伝活動にご活用ください。

  • プレミアム人間ドック企画

    日本人の平均寿命は、人生50年といわれた創刊当時から30年以上延び、もはや100歳は珍しくない時代になりました。人々の“生きること”についての価値観は、もはや単なる「長寿」から「長寿を“謳歌する”」ことにグレードアップしています。自分の身体のケアに対する意識が高く、健康に関する情報に敏感な40~60代の読者を多く持つサンデー毎日では、昨今受診者が急増しているというプレミアム人間ドックを紹介します。「今更聞けない人間ドックについて」「病気の早期発見・早期治療」「病気ってどんなものがあるの?」「病気にいい食べ物」といった内容を取り上げ、「プレミアム人間ドック」をテーマに誌面展開致します。